新築の分譲マンション購入について

私は10年前に新築で分譲マンションを購入しました。マンションの購入はその時が初めてのことで当時30歳でした。家内と子供2人がおり、3 LDKの間取りでマンションを探しました。また、最終的には実家に住まいを構えることも検討しており、10年から20年後には売却しても資産価値があまり下がらない物件と言う条件を重視しました。さらに家内がどうしても都内にマンションも購入したいと言う夢を持っていたので、住所は港区も大きなポイントになりました。実際には当時は湾岸に大型マンションが数多く建設されていたこともあり、投資額によってはそれなりの物件を確保することも可能でした。頭金で1000万円、毎月のローンの支払いが10万円というプランで検討を進めました。その結果、自分たちがイメージした物件を探し当てることができ、今では満足できる分譲マンションのライフスタイルを満喫することができています。東京オリンピックも控え、資産価値も上がる一方です。