自分と妻の資金計画の甘さに気づいた住宅ローン

我が家は今から8年前に、住宅ローン契約を地元の最大手銀行と結びました。それ以前は地元市内中心部にあるアパートで家族4人で暮らしていたのですが、部屋が手狭になったのと、子供たちのこれからの成長を考えて、同じ市内の郊外にある土地を購入し、そこに家を建てたからです。

 

我が家は注文住宅だったので、打合せが半年以上も続きましたが、ようやく着工の目処が立ったころ、今度は住宅ローン先を検討しなければなりませんでした。両親や周囲の勧めもあって、初めは地元の労金にお願いしに行きました。

 

融資に対して融通が利くからとの理由でしたが、事前審査の結果は予想に反し、NOという答えでした。返済期間35年、ボーナス支払いなし、頭金なしという私と妻の計画は、労金側にとってリスクが高すぎるというのがその返答でした。

 

私と妻は労金側の答えに納得し、自分たちのローン計画の甘さに反省してしまいました。ローンが決まらなければ着工もできないため、私と妻はそれぞれの両親からお金を借り、地元の最大手銀行に住宅ローンをお願いしたのですが、家を建てる前からもっときちんと計画を立てればよかったと、そのとき思いました。