金融機関から融資を得るには

事業者向け融資の場合、借りたい人はそれなりに自分で必要な資料を用意している人のほうが、借入に対してちゃんと考えていると金融機関は考えます。

 

住宅ローンでも、必要書類だけでなく、「これもあった方がいいですか?」「予測ではこのようになる予定です。」と伝えていただけると、担当者はやり易いのが実情です。何故なら年収などが上がるか下がるかの見通しを担当者は判断できないからです。仮に上がる可能性があったとしても、それを伝えてもらわないと稟議書には書けないのです。

 

通常であれば、そのような要素を出来る限り聞き出す担当者が優秀であることもあるのですが、本件は金融機関側は融資を渋っているので、借りる側が自分から担当者へ発信しなくてはなりません。

 

年収が不安定でも貸し出しをする金融機関もあります。
その不安定さをリスクとして金利に組み込むので、金利は高くなりますが、本件については、既に土地を購入していることから、検討の余地があるのではないかと考えます。